将来の夢

将来の夢というと、どうして職業を答える人が多いんだろう。

『たくさんケーキが食べたい』とか
『世界中を旅したい』とか
『大きな犬を飼える家に住みたい』とか

そういうのが夢なんじゃないの?

働くのが夢なんですか?
夢のために働くんじゃないんですか?

働くために生きているんですか?
生きるために働いているんじゃないんですか?

日付が変わりまして、5月3日にこの話題もなんですが、日本国憲法第22条職業選択の自由によって、平たく言えば『好きな仕事をできる』というようになってしまって、好きな仕事をしないことが悪いことのように思われているフシがあります。
どういうことかというと、夢の職業に向かってどんどんスキルアップして…なんていう現代的な考え方が蔓延して、職業を夢として持たなければ即ち向上心がないとされるわけです。
しかし私は、この22条をまた、『好きじゃない仕事もできる』権利も与えられているものと解釈しています。
つまり、人生は一本道ではないと思うの。

一つの仕事と決めたら、一生やり遂げる人もいる。
立派だと思う。
(好きとか嫌いとか考えもしない人もいる)

だけど、お金の為、好きじゃない仕事をやってる人もいる。
それも、立派だと思う。
(そのうちに好きになることも、けっこうある)

生まれたときからお金があって働いたことがない人だっている。
それでも、立派かもしれない。
(働いている人よりも、たくさんの“考える時間”を持ったかもしれない)

結局は、今までの人生で、どれだけのことを考えてきたかってことでしょ。
死ぬまでに、どれだけのことを考えられるかってことでしょ。
忙しいことはいいことじゃない。
忙しいことは、『心』を『亡』くすこと。

『夢はあります』『今は経済活動の為に働いています』って、堂々と言いたい。
私だって、夢に向かって働いている。

--------------------
2008/05/03








Copyright(c) 2010 MOCKIES.NET. All Rights Reserved.